看護師の給料と転職

看護師は事務などの職種よりお給料がずっと高いというイメージがあります。

国家資格取得者であり、人の命を預かる職業に就くことができる資格ですからお給料が高いのも当然です。

ただ一口に看護師といっても、勤めている病院、クリニックなどによってお給料に差があります。

国立や県立の看護師さんとなれば公務員扱いになりますので、日頃のお給料はそれほど高くなくてもボーナスが大きい、という利点がありますし、勤務状況やその病院の雇用条件等によってもお給料は違いが出てくるでしょう。

看護師の平均年収はどのくらいかというと、470万円くらいです。

看護師としてまだ経験が浅い方で380万円くらい、主任を任されるようになる30代となると450万円くらい、さらに師長などになる年代になると500万円近い年収が平均値といわれています。

この年収を見て、あら?私平均値よりも低いお給料じゃない!!と気がついて方は思い切って転職を考えてみてもいいのではないか?と思います。

正社員で年代別の年収を確認し、支給額が低いということなら転職で年収が上がる可能性もあります。

看護師は仕事の中でも転職される方が多い職業です。

資格を持っているという事、また供給よりも需要が勝っていることなどの理由から、いつでも雇用先が見つかるからです。

ただ、自分が納得できる給与、また勤務内容でいきいき働ける職場を探す必要があります。

その為にも、転職情報サイトなどの利用の際、コンサルタントなど担当がついてくれて、転職を補佐してくれるところで、転職先を探したほうがいいでしょう。

【関連サイトのご紹介】話題の看護師転職サイト